スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Farcry MOD "The Delta Sector"

2009年02月27日 14:49

最近、ちょこちょこと時間を割いてはFarcryのMODやカスタムマップなどを楽しんでおりました。
定番とも言える「MOTTO」シリーズなど、初代Farcryには非常にハイレベルなMODが粒ぞろいで、リプレイ性の高い本編と共に長く遊べるゲームですね。
グラフィックは今でも十分美しく感じますし、意外にもマルチプレイには少数ながら未だにプレイヤーがいたりします。

motto.jpg


そして最後に、大きな期待と共に昨年リリースされた超大型MODであるThe Delta Sectorをプレイです。
たびさんのブログで知ったのですが、MOD大好きっ子の総本山とも言えるMODDB「Mod of the Year Awards 2008」、つまり2008年度の最もクールでグレートなMODを決めるキャンペーンにて、このThe Delta Sectorが「Best Original Art Direction in a Total Conversion」の大賞に輝いたとの事。
これは非常にめでたいことですね。

FarCry0013.jpg
FarCry0014.jpg
FarCry0015.jpg

まず最初に驚くのが、そのグラフィックレベルの高さと、トロピカルな本編とはまったく違う陰鬱な雰囲気。
Farcryをプレイしたすぐ後ならば、永田町に衝撃が走る位のインパクトと進化を感じると思います。
広大なフィールドマップと共に、Cry Engineを極限まで酷使しているのでしょう、ロード時間も重さも相当なもの。とは言え、今現在の時期のミドルスペック程度のPCならば、ストレスなくグラフィック設定「ALL HIGH」で楽しめるでしょう。

元々Farcryは難易度が高い作品ですが、このThe Delta Sectorはそれに輪を掛けて厳しい戦闘を演じることになります。
難易度レベルを低く設定しても、一瞬でも油断するとアーマーとヘルスがモリモリと削られますから、「しゃがみ」や「伏せ」でダンゴムシのようにひっそりと移動しなければなりません。
GHOST RECONなどのリアル系FPSのような、「いつ、どこから撃たれるか分からない」という尿を漏らしそうなほどの緊張感と、スニーキング主体のギリギリなサバイバルが楽しめるでしょう。

とにかく異常なほど完成度が高く、海外MOD製作者がいかにキチガイじみているかを体感できる作品です。
Farcryをお持ちの方は、ぜひともプレイしてみてください。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/99-f56e17e2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。