スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stubbs the Zombie

2009年01月24日 20:41

いやー、更新が停滞して申し訳ないです。
最近仕事があまりにヒマ過ぎるので、見るに見かね重たい腰を上げ営業の真似事なんぞやっておりまして、会社でブログ書いてるどころじゃありませんでした。
「影響が無い企業は無い」と言われるこの大不況、ここをご覧の中年の方々の職場は大丈夫しょうか?
早いところ不景気から抜け出して、まったり平穏な気持ちでゲームできるようになれば良いですね。


こういう気持ちが下がり気味の時は、バカゲーで気分転換が最適であろうということで、以前Steamの安売りで買った「Stubbs the Zombie」をプレイ。

zombie2.jpg

顔色の悪さがチャームポイントである主人公のエドワードさん。職業はゾンビです。
安らかに眠る自分のお墓が、金満野郎が推し進める都市開発によって取り壊されてしまったために、怒髪天を突く勢いでこの世に再び降臨されました。


zombie4.jpg

人間の脳ミソをペロリと平らげてご満悦のエドワードさん。
食べられた人間は忠実なシモベとなり、新たなゾンビとして人間を襲います。
警官隊などは銃器を使い、腐敗が進んでボロボロのエドワードさんの体を容赦なく攻撃してきますから、仲間のゾンビを上手く使って注意を引き付け、後ろからガブリ!という戦法が有効です。
オイシイところは全て自分が持ってゆくでゲシ!フヒヒ!


zombie1.jpg

ゲーム内の雰囲気は、60年代アメリカをかなり意識したもの。
ホンワカしたムードの中、「オレの脳が! 脳が~~~~!!!」「食べないでくれ~~~!」などという悲鳴が轟く様子は、なかなかシュールなものがあります。

見た目も内容もB級なゲームなんですが、こういう「真面目にお馬鹿なゲームを作りました!」という作品は非常に好感が持てますね。


ただ、このゲームを購入する上で気をつけなければならない点がひとつ。
ゲーム内のリフレッシュレートに問題があるようで、CRTモニタの機種によってはプレイできない可能性があります。液晶モニタでは問題ありません。
FPSゲーマーの中にはCRTモニタを愛用している方も多いでしょうから、ご注意くださいね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/89-f2217de2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。