スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Left 4 Dead リリース

2008年11月20日 16:40

081016-header.jpg

製作発表から丸2年。
当初は2007年中に発表される予定でしたが、予想通りの延期に次ぐ延期。
そんな、数多のゲーマーを忍耐地獄へと叩き落した罪深き作品「Left 4 Dead」(以下L4D)が、遂に、遂にリリースされました。
このブログをご覧の皆様の中にも、仔犬のように嬉ションを垂れ流しながらプレイしている方がいらっしゃることと思います。
かくいうワタクシめも、昨日は「L4Dの為に休暇を取る」という社会人としてけしからん行動の元、朝から晩まで気が触れたかのように遊びまくっておりました。


l4d-2.jpg

異形の姿となった哀れな感染者の皆さんは、みんなプレイヤーのことが大好き! その愛を暴力のみでしか表現することができません。我々はそんな愛すべき人たちを、容赦なく蜂の巣にしながら脱出の道を突き進みます。
これぞまさしく「ノー・マーシー」。
ときおり発生する「ゾンビ・ラッシュ」ではアホのような数の感染者が押し寄せ、さながらファンに揉みくちゃにされるアイドルのような気分が味わえます。ただし、ボケっとしているとすぐになぎ倒され、長渕剛よろしくのヤクザキックおよび集団リンチで即死亡するので注意。
ドMの人以外は、しっかり手にした銃で応戦しましょう。


l4d-4.jpg

戸愚呂(弟)ではありません。必要以上の攻撃力と耐久力を持つ最強のタフガイ「Tankさん」です。
このようなボス級モンスターの排除には、COOP専用ゲームの醍醐味である「連携プレイ」を生かさなければなりません。これを無視すると、攻略が一気に厳しくなります。
特にチャプター最終のフィナーレでは、複数のボスモンスターによる夢の競演によって予期せぬ大惨事が起こりがちです。
「Tankに吹っ飛ばされる→仲間から引き離された場所でHunterに捕まる→レイプ」などの凶悪なコンボをお見舞いされて涙目になることもしばしば。
油断は絶対に禁物!


l4d-3.jpg

まるで映画の中にいるかのような演出もキラリと光ります。
VCでプレイヤー同士交流すれば、さらに雰囲気も盛り上がること間違いなしです。


総評としては、「楽しい!」の一言。
長く待たされた甲斐があった、というところですね。
MODやカスタムマップもたくさん作られるでしょうし、「買い」な一本であることに間違いありません。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/63-5f290118
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。