スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.T.A.L.K.E.R.: SoC Special Free Play Story MOD Version 3.14

2010年09月24日 15:17

sfps314-1.jpg

たとえ何周クリアしようとも、ふとした時に再び手を伸ばしてしまうS.T.A.L.K.E.R.。
他に類を見ない優れた世界観とシステムを持つこの作品に魅入られた者は、中毒になったかのようにZoneから抜け出すことが出来ません。
今回は定番の国産大型MODである「Special Free Play Story MOD」を導入してプレイ。
バージョンが上がるたび、新要素が加わるたびにお世話になっているこのMODですが、現在開発中であるVer4.01に向けて再度おさらいという感じで楽しんでいます。


sfps314-2.jpg

なぜ故にS.T.A.L.K.E.R.という作品にここまで惹きつけられるのか。
それは、アウトローに強い魅力を感じる男の性のせいでしょう。
Zoneの片隅に横たわる、名もなきSTALKERの朽ちかけた死体。
ミュータントかBanditに襲われたのか、それともアノーマリーに巻き込まれたのか。それはもう誰にも分からない。
そんな、もはや動くことのない彼の姿を見ていると「ああ、羨ましいな」という思いが心に浮かぶ。
男の子ならば、多かれ少なかれ「ろくでなしとして生き、ろくでなしのままで死にたい」というロックンロールな感情を持ち合わせているもの。
それをこの作品は心ゆくまで満たしてくれるのです。


sfps314-3.jpg

それにしても、やはりSFPS MODによるギリギリ感は、女子供お断りの情け容赦ない世界を演出する作品との相性が非常に良いと再確認。
FPSゲームをプレイ中、敵から被弾して「いたたたっ!いたいってば!」と思わず口に出してしまった経験は誰にでもあると思いますが、リアル志向にチューニングされたSFPS MODの被弾はその比ではありません。
ズビシッと一発まともに喰らえば、視界は跳ね上がるわ、銃を手から取りこぼすわ、もちろん瀕死になるわで、「ぐわあっ!いってぇ!超いってぇーーー!死ぬ!死ぬる!ママー!」と本当に痛みを感じるかのような錯覚に陥ります。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/216-93c0904e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。