スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tropico 3

2010年03月03日 11:01

tropico3 2010-03-02 19-41-09-45

皆さんこんにちは。プレジデンテです。
この度、なにをどう間違ったのか、美しいカリブ海に浮かぶ島トロピコの大統領に就任しちゃった訳なんですけど、やるからには全力投球の独裁っぷりを皆様にお届けできたらと思っております。
とは言え、ワタクシ恥ずかしながら独裁ビギナーということで、正直ドキがムネムネで緊張しております。
至らないところもあるとは思いますが、ご理解とご声援のほど、よろしくお願いいたします。

さて、この何の取り柄もナッシングなトロピコを繁栄させるには、アメリカ・ソビエトという二つの大国からの援助が必要不可欠であることは明らかです。
このプレジデンテ、このロクでもない島に住まう奇特な皆さんの為、資本主義の犬と呼ばれようと、アカの手先のおフェラ豚と罵られようと、開発援助資金をゲットする為に醜く太った白人どもの靴をペロペロすることも辞さない覚悟。
トロピコの未来のことのみを考え、誇りさえも捨ててみせましょう。


tropico3 2010-03-02 21-27-14-71

さぁ、国づくり開始ですよ。
住居や職場、医療施設や教育施設。おっと、インフラ整備も忘れずに。プレジデンテは忙しいです。
この島をどのような国として発展させてゆくのか。その全てがプレジデンテである小生に委ねられています。
あまりの重圧に逃げ出したくなる時もある。オヤジ臭が染み付いた枕を涙で濡らすこともある。でもプレジデンテは逃げませんよ。目の前の問題をコツコツと解決してゆけば、きっと光は見えてくるのだから。

国の財政を何で補うのか、どんな思想の国家にするのか、その方向性を決めるのも重要です。
農業・工業・観光など、島の資源や特産品に適した発展。環境・宗教・軍事など、様々な分野への配慮。そして資本主義と共産主義のバランス。考えることは山ほどあります。
独裁者って大変ですね。美味しいものを食べ漁り、プレイメイトを何人もはべらせて楽しく暮らそうと思っていたのに、そんな暇はまったくありませんよ。なんてこった。


tropico3 2010-03-02 20-40-03-46

いざ独裁にチャレンジしてみて分かったのは、このノーテンキな島国に住まう大衆は例外なく愚民であり、施政者の苦悩も知らずにブーブーとオナラ臭い文句を垂れることしか能がない連中だということです。
アリのウンコのように小さな不満を見つけては「生活を豊かにしろ」だの「娯楽施設を作れ」だのと、選挙権を盾にして抗議活動に勤しむエブリデイエブリナイですよ。もうプレジデンテ泣きそう。なに?オッサンいじめて楽しいの?
思い出してみてください、苦しい時は皆で耐え忍ぶのが日本人の姿じゃないですか。あ、ここカリブでした。

正直、あなた方は求めるばかりの人生で良いのかとプレジデンテは問いたいです。
駅前の一等地にダンボール住居を構える灰色のオジサンたちを見るがいい。住むところなんて、考え方次第でどうにでもなるんですよ。そもそもですね、こんなビンボー臭い島をいきなり豊かにしようなんて、水谷豊の熱い歌唱力をもってしても無理なんです。
娯楽施設なんてのも不要ですよ。娯楽が無ければセックスすればいいじゃないですか。超楽しいし。人口も増えるし一石二鳥。夜遊びなんかしないで、オカーチャンのオッパイを揉んだりこねたりしてりゃいいんです。夜のデートは危険過ぎるって吉川晃司も言ってましたし。
産めよ増やせよの富国強兵政策。このプレジデンテが導き出した崇高なる繁栄へのシナリオを理解していない輩が多すぎます。まったく困ったものですね。

そんな訳で、島民を生かさず殺さずで搾取しまくっておりましたところ、こともあろうにクーデターが勃発。
我が恐怖政治の象徴たる宮殿は、無残にも灰燼の元に帰したのでありました。
プレジデンテの次の挑戦にご期待下さい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/189-1fb1740c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。