スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NecroVisioN: Lost Company

2010年02月24日 11:12

nvlc0.jpg

古き良きオールドスクールFPSに爽快感重視のコンボシステムを合体させ、荒削りながらもB級FPSファンからそこそこの評価を得た前作「NecroVisioN」。その拡張パック「NecroVisioN: Lost Company」がリリースされましたのでプレイしてみました。
ちなみに「拡張版」と銘打たれているものの、スタンドアローンで動作します。

今作は「NecroVisioN」での悪役であったネクロマンサーZimmermanが主人公となります。
一介の兵士であったZimmermanが、なぜ悪に染まってしまったのか。その謎が明らかになる訳です。
(前作NecroVisioNの記事はこちらから)


nvlc1.jpg

結構細かい変更点があるようですが、システムに関して大きな相違はありません。
本編同様、「Adrenarin」によるバレットタイムと「Fury Level」によるコンボシステムによって、戦闘における彩りを演出しています。
今作は硬い敵が多いようですので、積極的にグレネード系のアイテムを使用し、少しでも危機を感じたら「Adrenarin」を発動させましょう。
「Fury Level」を上昇させる為に必要な「Vampire Artifact」は、毎度おなじみのシークレットエリアに隠されています。かなりデタラメな場所に隠されているケースもある為、自力で全てを発見するのは骨の折れる作業。

今作は仲間と共に行動するシーンが非常に多く、CoDシリーズのような男同士の熱い連帯感を彷彿とさせ……と言いたいのですが、ぶっちゃけ邪魔くさいだけであり、作品の戦闘システムにマッチしていないような気がします。


nvlc2.jpg

クリアまで5~6時間程度。拡張パックとしては妥当なところでしょうか。ただし、シークレット探索を行うのであれば、かなりの時間が上乗せされるでしょう。
Fury Levelを頑張って上げても、きれいに上限いっぱいまでコンボが繋がるシチュエーションがラストの魔界ステージぐらいしか無いのが悲しかったですね。そして、その魔界ステージもすぐに終わってしまうので、少々肩透かしを食らった感じ。

ドラゴンやゴーレムなどの巨大ボスとの戦闘は相変わらずテンションが上がる素晴らしい出来。しかし、それまでのザコ敵との戦闘が少々ストレスが溜まる印象。
一般的に「拡張版」というものはファンディスクのような存在ですから、難易度を上げた作品としてリリースすることには異議はありません。しかし、「硬い敵を出すことで難易度を上げる」というのは、爽快感重視の撃ちまくりFPSにとって鬼門なのではないでしょうか。
敵が硬くて倒すのに時間が掛かるとコンボも繋がらないし、作品としての素材の良さを殺してしまっている感じがします。


nvlc3.jpg

エンディングで「ネクロマンサーはすぐに戻ってくるぜ!」と血気盛んなメッセージが記されておりました。
続編は大いに結構なのですが、荒削りなものが新鮮に映るのは最初だけ。非常にクセが強く万人向けではない作品だけに、やはり最低限のレベルで洗練されていないと、家庭用とのマルチプラットフォームが中心の今、新規ファンを獲得することは難しいでしょう。
あと大きなお世話かもしれませんが、過去の遺産でしかないPain Engineは安定性・機能性共に乏しいので、いい加減見切りを付けなり、大幅なバージョアップするなりした方がよろしいのではないかと思います。
個人的には気に入っている作品ですので、次回作では更にレベルアップしたものに仕上げてもらいたいですね。


コメント

  1. うおー | URL | -

    Re: NecroVisioN: Lost Company

    「Adrenarin」によるバレットタイムと「Fury Level」によるコンボシステムによって
    ↑これのおかげでチャプター3からプレイスタイルが矯正されグンと面白くなり一気にクリアしました。
    それまでリコイルの強さが味わえるゲームだなとサブマシンガンのみで進めた後、一旦やめてました。
    終盤ではquake4のような「自分改造されちゃった」演出があるとは・・最高。でも画面ごちゃごちゃ

    自分はSM系が撃ってるだけで気持ちいいサウンドだったのでお気に入りです

  2. Pants | URL | -

    Re: NecroVisioN: Lost Company

    確かに銃器のサウンドや挙動は最高に良いですよね。
    ちゃんと「銃をブッ放してる」って感じさせてくれますし。
    シャドウハンドのエフェクトで画面がごちゃごちゃになるのは明らかなマイナスですよねぇ。爽快感はありますが、敵を倒してる実感が薄れてます。
    次回作では、そのあたりも修正されていると良いですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/188-a4d05772
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。