スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIOSHOCK 2

2010年02月12日 13:45

bs2-0.jpg

舞台は前作「BIOSHOCK」から8年後の海底都市Rapture。
創始者Andrew Ryanに代わり、RaptureはSofia Lambというオバチャンに支配されています。
10年前、最初のBig DaddyとなったSubject DELTA。
月日を経てVita-Chamberから目覚めた彼は、当時Little Sisterだった実の娘Eleanorを救う為、己が何者であるかを知る為、崩壊が進むRaptureの中を進んで行くことになるのです。


bs2-1.jpg

相変わらず美麗なRaptuerですが、前作から年月が経って崩壊が進んでいるという設定で、かなり退廃的になっている印象です。
正直言って、ネオンとライティングの絶妙なコントラストが感動的だった前作の方よりも、「美しい」と思う頻度が減っているかもしれません。

マップですが、入り組んだ階層で構成されていた前作よりも簡素化されています。
確かに前作では、マップが複雑で進路が分からなくなる事もありました。しかし、さすがに今回のマップはやりすぎ感を覚えます。
あちこち探索するRPG的な要素が減っているので、不満に思うプレイヤーもいるのではないでしょうか。


bs2-2.jpg

主人公の強化に欠かせないAdam。前作では「Big Daddyを倒す→Little SisterをRescue、もしくはHarvest」で入手していましたが、今作では別の方法も加えられています。
Little Sisterを救出した後、Rボタンの長押しで特定の死体まで案内されます。その死体からLittle SisterにAdamを採取させる、というもの。
採取が始まると敵が襲ってきますので、採取終了までLittle Sisterを守らねばなりません。
攻略法としては、Little Sisterの側にセントリーガンを設置するか、警備BOTなどをあらかじめハックして仲間にしておくと良いでしょう。
2体の死体から採取が終わると、Little SisterをRescueするかHarvestするかを選択できます。
グッドエンドでゲームをクリアしたい方は、Adamを犠牲にしてもRescueを選択しましょう。

Adam入手後のPlasmidの購入ですが、電撃・火炎・凍結・テレキネシスは必須として、他はお好みで使用すると良いでしょう。
前作では「体力」「戦闘」「ハッキング」と3系統に分かれていたTonicツリーですが、今作では一つにまとめられています。
個人的にですが、PlasmidよりもTonicを豊富に装備できるようにAdamを振り分けてゆくと楽にプレイできる印象です。


bs2-3.jpg

雑魚的な存在であるSplicers。とは言え、Leadhead SplicerやNitro Splicerは、少しでも油断していると致命的なダメージを与えてきます。
たとえ腕に自信があっても、ヘルスのアップグレードはやっておいた方が良いでしょう。

中ボス的な存在と言えばBig Daddyですが、その他にもLittle Sisterが成長した姿であるBig Sisterも登場。
どちらも非常に素早い動きで強力な攻撃を放ってくる厄介な敵です。強力な武器と弾薬で応戦したいところ。
ドリルに凍結効果を与えるTonicを装備し、序盤を過ぎたあたりで使えるようになる「ドリルダッシュ」で特攻すると、そこそこ簡単に倒すことができるのでオススメです。弾薬不足の時はこれで対処すると良いでしょう。


bs2-4.jpg

クリアまでのプレイ時間は、Little Sister全救出を目標にじっくり進めると仮定して、およそ10時間といったところでしょうか。
クリアを最優先に急いで進んでしまうと、武器アップグレード装置「Power To The People」や落ちているTonicを取り逃してしまう危険性があります。こまめにMボタンを押してマップ画面を出し、訪れていない場所が無くなるよう探索した方が良いでしょう。
BIOSHOCK 2は前作よりも戦闘における難易度が上がっている印象なので、主人公の強化を疎かにすると後々で辛くなってしまうと思われます。

戦闘難易度を下げる為、敵キャラをカメラで撮影して研究レベルを上げるのも重要。
今作ではシャッターを切るのではなく、ムービーを撮影することで敵の弱点を探ってゆきます。
カメラで目標を捉えた後、攻撃を加えて倒すとポイントが加算されるというシステム。
撮影中に電気ショックを与えたり、燃やしたり、凍らせたりと、様々なPlasmidを使用することで多くのポイントを入手でき、より早くレベルが上がります。


bs2-5.jpg

諸手を上げて全てを絶賛することはできませんが、さすがに名作の続編らしくレベルの高い仕上がりになっている作品だと思います。
マップおよびハッキングの簡素化などで低下した難易度を、カメラによる研究の重要性と戦闘難易度を上げることでバランスを取っている印象です。
変態エログロな雰囲気、猟奇的なストーリー、アタマのブッ飛んだキャラクターが減ってしまったのは正直残念な気も。

明らかなバグとして、ロードを行った際にマウスセンシやキーボードバインドが変わってしまうという現象が確認されています。
OPTIONを開いて設定し直せば良いのですが、正直面倒なので早急なアップデートで解消してもらいたいですね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/185-f1d9cccc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。