スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Killing Floorアップデート

2009年10月21日 11:30

kf01.jpg

最近は気が触れたかのようにKilling Floorをプレイしています。
やっとこさMedicとSharpshooterのレベルが5になり、高難易度サーバーでもそこそこに立ち回れるようになってきたところ。
かなりクセのある作品ですが、ある程度慣れて大量の敵をさばけるようになると、このゲームは途端に面白さを増しますね。
そのクラスに出来る事・できない事をキチンと把握し、「暗黙の了解」でサポートしながらウェーブを凌いでゆくと結構な快感を味わえます。

と、そんなKillingFloorのアップデートが22日にリリースされます。
新クラス・新武器・新マップ・新敵キャラの追加。そして全てのクラスパークのレベル上限アップ。
かなりの大型アップデートですので、今後のプレイにも非常に幅が出ることでしょう。

それに会わせ、今週末のみ無料で体験できるフリーウィークエンドが開催されます。
興味のある方は事前にSteamでダウンロードしておきましょう。


kfwepon.jpg

新クラス「Demolition」向けのグレネードランチャーをはじめとする追加武器。
前回のアップデートで追加されたAK47とKATANAはアホのように強力でしたが、今回はどうなるでしょうか。


killing-floor-update-hands-on-20091020000437802.jpg

そしてランドセルが初々しい新入生ゾンビ「Husk」の追加。
どうやら火炎放射器を使う敵キャラのようで、Siren同様に早く仕留めないと視界がえらい事になってしまいそう。
最近では、どの敵キャラにも攻略法が確立されておりますので、こういう新しい敵はバンバン追加してもらいたいですね。


killing-floor-update-hands-on-20091020000533192_640w.jpg

新しいキャラクタースキンもDLCとして販売されるようです。
確かKilling Floorの舞台背景は「俺らの愛する愉快なロンドンが、マッドサイエンティストの創り出した化け物でいっぱいだぜ!マジやべぇ!とりあえず特殊部隊出動!」という感じだったと思うのですが、DLCとして追加されるキャラクタースキンは前回同様にストーリーラインをまるで無視したぶっ飛びデザイン。
なにやらゾンビとか黄金バットとかいますし。多分、開発元Tripwire Interactiveのデザイナーは少々アタマがおかしいんでしょう。
しかし最高にクール! こういうインディーズデベロッパ独自のテキトーさ加減、「面白けりゃ何でもいいんだよ」的な創作観念は今後も大事にして欲しいと思います。
もちろん今回も購入させていただきますよ。


同じ対モンスターCOOPということでLeft 4 Deadと比べられる事の多い作品なのですが、元々がUT2004のMODだったということで、L4Dのような大手メーカーが作るゲームに比べて様々な箇所で粗さを感じる事は確かです。
そかし、その「粗さ」が産み出す奇蹟的な面白さを持ったゲームですので、プレイしたことが無いという方は、この機会にチャレンジしてみると良いでしょう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/161-81a330a4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。