スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bad Rats: the Rats Revenge

2009年07月21日 15:01

br1.jpg

カジュアルなミニゲームっぽい見た目なのに、不謹慎な内容でないか審査中(いわゆる「RP: Rating Pending」)の作品「Bad Rats: the Rats Revenge」がSteamにて配信されていたので、なんだこりゃと思い購入してみました。

古来より、ネズミとネコは仲良くケンカするものと相場は決まっておりますが、この作品ではケンカどころではなく、可愛さの欠片もない邪悪なネズミが、囚われの身となった哀れなニャンコちゃんをアノ手コノ手を使ってブチ殺すという酷い内容となっております。
簡単に言えば、非道極まりないピタゴラスイッチです。


br2.jpg

頭をひねってギミックを作り、スタート地点にあるボールを俺たちが目指す最終オブジェクトであるところの殺猫マシーンにヒットさせることができればクリア。
ニャンコの処刑方法としては、爆弾で粉々にしたり、チェーンソーで撫で斬りにしたり、ギロチンで2枚に降ろしたり、電子レンジでチンしたりとバラエティ豊か。
コミカルなグラフィックながらエグい内容になっております。


br3.jpg

画面の下へとスクロールすると、使用できるアイテム(オブジェクトとマウス)が並んでおりますので、それを上手に配置してボールを運ぶことになります。
マウスにはそれぞれ「バットで打つ」「ブルドーザーで運ぶ」「自爆する」「掃除機で吸い寄せる」などの能力がありますので、ロケーションに適した人選(鼠選?)を考慮しなければなりません。
アイテムは右クリックで角度や方向、発動時間が設定できるので、デリケートなボール運びが要求されるマップでは、それらを上手く使うと良いでしょう。


br4.jpg

使用するアイテムの数、リトライの回数、クリアまでの時間によって得点が変わってきますので、迅速かつ的確なアイテム設置を心がけなくてはなりません。
回答はひとつだけではないので、上手くゆかない時は違ったアプローチを考えるのも良いでしょう。


br5.jpg

元々カジュアルゲームなので、それほど夢中になってプレイするものではなく、サクッと空いた時間に楽しめれば良いと思うのですけど、面白さは如何なものかと問われるならば、正直言って微妙な出来のような。
「コミカルなキャラだけど残酷」なんてのは、今となってはゲームやアニメで使い古された手法ですので、それほど目新しさは感じませんし。
まぁ値段もお安いので、買っても特に損した気分にはならないでしょうし、この手のゲームが好きな人は手を出しても良いんじゃないかな、みたいな感じですね。


コメント

  1. HMH_Hide | URL | -

    Re: Bad Rats: the Rats Revenge

    コレ買ったんですねw
    私は悩んでやめましたが、
    サマンサ買ってしまいました。

  2. Pants | URL | -

    Re: Bad Rats: the Rats Revenge

    >HMH_Hideさん
    脊髄反射で購入してしまいましたが、ほんとヒマつぶし用のゲームといった感じです。
    Samantha Swiftとはシブいチョイスですね。
    あれちょっと面白そうで興味あります。レビューお待ちしていますよー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/137-3b256aac
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。