スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Assassin's Creed

2009年06月05日 23:54

AssassinsCreed0.jpg

Steamにて「Assassin's Creed」が安売りされていましたので、一応話題になった作品ですし、ちょっと遊んでみるかと購入してみました。

聖地を巡る宗教対立が現在もなお続いておることは皆さんもご存知でしょうが、このAssassin's Creedの舞台となるのは、クルセイダー擁するキリスト教国家連合とイスラム帝国が、エルサレムを巡って血で血を洗う争いを繰り広げていた800年前の大シリア。
そしてその二つの勢力に敵対し、要人暗殺を行う組織「アサシン教団」のエリートアサシン「アルタイル」が主人公となります。
テンプル騎士団の「秘宝」の秘密とは。
そして「アサシン」の存在意義とは。
ターゲットの皆さんを背中からプスプスと暗殺しつつ、隠された真実へ向かってアルタイルの冒険は続くのであります。


AssassinsCreed01.jpg

PC版はもちろんイングリッシュバージョンなのですが、会話量がそこそこ多い上に字幕が出ないので、英語がかなり堪能な方でないと非常に厳しいと言うか、恐らくゲームをまったく楽しめないでしょう。

その救済策としてですが、少数のPC版独自ミッションを除いた全ての和訳が掲載されているXBOX360版攻略本「アサシンクリード パーフェクトガイド」を購入することをオススメいたします。
時代背景なども丁寧に説明されているので、ゲーム内の世界観を深く知ることができるでしょう。


AssassinsCreed28.jpg

移動における自由度とルート豊富さは、他のアクションTPSと比べてアタマひとつふたつ抜き出てるという感じ。縦横無尽に作りこまれたマップ内を駆け回れます。
キーボード・マウスでの操作は少々クセがありますが、違和感のある方はゲームパッドを使うと良いでしょう。

「アサシン教団のお偉いさんから指令を受ける」→「ターゲットがいる街の教団支部で詳細を聞く」→「スリ・盗聴・恐喝・タレコミでターゲットに関する情報を得る」→「情報を元にターゲットを暗殺」→「トンズラ」
基本的に上記の流れでミッション完了となります。


AssassinsCreed17.jpg

スニーキングでターゲットを殺害してニヤニヤすることがゲーム性に則った基本プレイですが、脳筋バカを自負するアグレッシヴな方は殺陣的なチャンバラで大立ち回りを繰り広げても構いません。
ミッションをクリアしてゆくごとに使用できる武器や技が増えてゆくので、最初は単調な戦闘も段々とバリエーションが増えて楽しくなってゆきます。
コンボやカウンターが決まった際のモーションが非常にカッチョ良く、華麗な技を繰り出してゾブゾブと剣が敵にめり込む度に蟲惑的な爽快感を味わえるでしょう。


AssassinsCreed48.jpg

細部まで作りこまれた作品なのですが、暗殺ばかりのミッションでプレイが単調になってしまっているのが残念ですね。
少し趣向の違うミッションなどがあると良かったかな、という印象。
予期せぬ強制イベントなどをからめて、「アタイ、これからどうなっちゃうの・・・?」みたいな悪いチンピラに引っかかった田舎娘のような気分を味あわせてくれたら、もっと楽しめたのではないかな、と思います。
リリースが決定している続編「Assassin's Creed 2」では、そのあたりの要素を追加してくれると嬉しいかも。

とは言え、非常に完成度が高い作品には違いありませんから、一風変わったスニーキング物をプレイしたい方やアクションTPSのファンの方、12世紀の中東を観光気分で旅したい方にはオススメです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/126-67ef9edd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。