スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Call of Duty: World at War

2009年03月28日 00:02

cod-waw-mooki.jpg

さて、一世を風靡した超大ヒット作「Call of Duty 4: Modern Warfare(以下CoD4:MW)」の続編「Call of Duty: Modern Warfare 2」の発売日も11月に決定となりましたし、長いこと放置しておいた「Call of Duty: World at War(以下CoD:WaW)」をそろそろプレイすることにしました。

ご存知の通り、Call of Dutyシリーズと言えば、FPSファンにとって絶対に見逃せない大作でございます。
なぜ故にそれを放置していたかと言うと、正統派の第二次大戦モノFPSは個人的に食傷気味だったからと言うしかありません。
CoD4:MWで煌く様な近代兵器を用いた現代戦を体感させられた後ですし、その思いもひとしおな訳です。
「今さらガーランドやトンプソンで戦争させられるのもなぁ・・・」という感じで。
自分は一応、熱心なCall of Dutyファンの一人ですから、気が乗らない状態でCoD:WaWをプレイしたくなかった、というのが正直なところです。
開発元がCoD4:MWのInfinity Wardではなく、「CoDシリーズの恥部」とまで評されたCoD3でお馴染みのTreyarchですし、幻滅するのが怖かったというのもあります。
とは言え、いつまでも放置しておく訳にもいきませんし、気を取り直して1940年代に再びシフトしたCoDの世界を堪能することにいたしましょう。


shot0002.jpg

今回は敵側に日本兵が登場します。
自分は戦争で祖父を亡くしたため、プレイ中に微妙な感情が生まれるのが心配でしたが、他のレビューサイト様などでも書かれている通り、あまり日本兵と戦っている感覚はありません。
「てんのーへぇか、ぼゎんぞぇーい」と怪しいイントネーションで叫びながら玉砕銃剣攻撃をしてくる敵を日本人が見て、これを過去の日本兵と感じるかと問われるならば、んな訳がないのは当たり前であります。
第二次大戦モノで毎度のように悪の枢軸軍として描かれ、作品によっては訳の分からないトンデモ兵器で武装させられてしまうドイツ兵に比べたらずいぶんマシという感じでしょうか。


shot0008.jpg

グラフィックに関しては、CoD4:MWをさらにレベルアップしたもので全く文句ナシというところ。
こと「戦場」をリアルに再現することに関して、現時点でこのCoD:WaWの上をゆく作品は探すのが難しいでしょう。
絶妙な光源処理によって生まれる、コントラストが効いたリアルな立体感。
強めのブラーでテクスチャの粗さを誤魔化す作品が最近は多いですが、こういうメリハリのあるグラフィックは技術力に自信がなければ絶対に表現できません。


shot0029.jpg

CoDシリーズは、兵士間の友情やドラマチックなストーリーを演出することにより、独特の陶酔感を味わえる作品として知られていますが、今回のCoD:WaWはとにかく泥臭い。
ゴア表現も非常に強く、これまで以上に「戦争の悲惨さ」を感じることが多いため、ある種のドキュメンタリーを見ているような印象さえあります。
ちょっと過去のシリーズから浮いている感じであり、もしかしたら割と好き嫌いが分かれる作品なのかもしれません。


shot0034.jpg

総括して、非常に良く出来ている作品です。
間違いなく、「Call of Duty」の名に恥じない完成度を誇っています。

しかし、何か足りない。

初代CoDのスターリングラードでは、銃弾だけ渡されて戦場に放り込まれ、「ちょ、ちょっと待て!丸腰とかふざけんなっ・・・うわぁぁあぁ!」と大慌て。
CoD2のノルマンディ上陸作戦では、あまりの臨場感にオシッコ漏らすほど感動しました。
そしてCoD4:MWでの、まるで自分が映画の中にいるような錯覚とトキメキ。
このような、ドキがムネムネするような高揚感が、このCoD:WaWには希薄な気がするのは何故でしょうか。

多分、それは「驚きがない」からなのでしょう。
CoDシリーズは常に、FPSゲーマーにサプライズを提供してきました。
そしてこのCoD:WaWには、これまでのシリーズで表現され、そして成功したサプライズの手法が惜しみなく盛り込まれてており、集大成的な内容になっています。だからこそ、間違いの無い面白さがある。
しかし、そこに個性がない。
どのシーンも、どこかで見たようなシチュエーション。
例えるならば、聴き飽きた曲がたくさん収録されたBESTアルバムのような作品。
自分はこのCoD:WaWに対し、そういう感想を抱きました。

いや、でもすごく面白いのは間違いないですよホントに。
「Call of Duty」という冠が付いているからこそ、期待するものも大きかったということでしょうね。


コメント

  1. kougekitai | URL | sY4gm4S6

    Re: Call of Duty: World at War

    私もだいぶ前にCoD:WaWはやりましたね。
    しかしながらたしかにグラフィックはCoD4にくらべると
    綺麗になったかもしれませんが、どうしても同じエンジンを使用
    しているのかCoD4のModのような印象を受けてしまったんですよね、
    もう少しCoD:WaW独自というかオリジナルの何かがあればよかった
    と思うんですがね......

  2. たび | URL | mQop/nM.

    Re: Call of Duty: World at War

    てんのーへぇか、ぼゎんぞぇーい!!

  3. Pants | URL | -

    Re: Call of Duty: World at War

    >kougekitaiさん
    そうなんですよ。何かWaW自体の「売り」があったら、印象もセールス的にも違っていた思うんですけどね。
    CoD4が売れに売れた上に、素晴らしい出来でしたから、どうしても比べちゃって「う~ん・・・」という感じになってしまうんでしょうね。

    >たびさん
    他にも「あいつにやられたぁ~」「ぅおかぁさーーーん」とか叫びます。
    一応日本人が声優のようですけど、どこか緊張感がないんですよねw

  4. ank | URL | -

    Re: Call of Duty: World at War

    今日、箱○版のCOD4買ってきた自分涙目www

  5. Pants | URL | -

    Re: Call of Duty: World at War

    >ank君
    いやいや。CoD4は名作だから、涙目にならずにプレイしておくべき。
    360版でもマルチはまだ人が結構いるみたいだし、十分楽しめるかと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/108-4218d9af
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。