スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃の胸のときめきを

2009年03月17日 10:36

皆さんは、FPSのマルチプレイで初めてKILLを奪った瞬間を憶えているでしょうか。

会社の部下であるところのK君が、オッサンが昼休みにFPSゲームに興じているのを見て、「オレもやってみたいッス!」と言うので、「とりあえずミドルスペック程度で良いから、パワーのあるPCを買いたまえ」とアドバイスしました。
ちなみに彼は、会社のPCを使ってAmazonでオナホールとローションを購入するという離れ業をやってのけた、将来有望なダメ人間であります。

適当に相談に乗ってあげて、BTOで初めて自分のPCを手に入れたK君。
初PCがゲーマー用マシンとは贅沢な話です。
自分の若い頃は、ダイヤルアップのテレホーダイと非力なPCでエロ画像を集めるのにも一苦労・・・などという余計な昔話をしながらセットアップのお手伝いをしてあげるワタクシ。

「とりあえずシングルプレイのゲームで操作を学んだ方が良い」と言いましたが、「今すぐオンラインで対戦したい」と生意気にも駄々をこねるK君。
仕方が無いので、一人ぐらい初心者がいても目立たない大人数マルチプレイのゲームが良かろうと思い、BATTLEFIELD2のDEMOをやらせてみました。

インストールが終了し、期待に満ち溢れた表情でプレイに取り掛かるK君でしたが、後ろで見ていると、これが非常に面白い。
マウスとキーボードを同時に操作することができず、ヨチヨチと前後左右に進んでは、立ち止まって周囲を見回す。これの繰り返し。
自分で発砲したアサルトライフルの音にビビって、その度に体がビクンと跳ねています。
当然のごとくボロ雑巾のように殺されまくっておりましたが、それはそれで彼は楽しそうでありました。

しばらく経った後、偶然にもK君が放った弾丸が敵の頭にヒットし、彼のFPS初KILLとなる瞬間が訪れました。
K君は飛び上がって喜んで、「やった!わははははははー!ざまーみろー!」と、自分がKILLした人の死体にバリバリ銃弾を撃ち込んでトドメを刺すというマナー違反行為に酔いしれながら、すっかり危ない人に豹変。
こんなアホの初心者にやられてしまった人を気の毒に思うと共に、思えば、自分にもこういう時期があったのだなぁと感じました。

誤ってTKしたものの、どうやって謝罪して良いか分からず、恐ろしくなってサーバーから逃げ出だしたこと。
Pingの存在を知らず、地球の裏側のサーバーに入ってKickされ、「仲間はずれにされた!」とヘコんだこと。
そして、苦労の末に初めて敵を打ち倒し、涙が出るぐらいに感動したこと。
そういった青臭い思い出がふつふつと蘇り、少々気恥ずかしい気持ちになったのでした。

今ではすっかりそういう新鮮な気持ちでゲームに挑むこともなくなっていましたが、K君の姿を見て、あの頃の自分を忘れまいと思った一日でありました。


コメント

  1. てふ | URL | SFo5/nok

    Re: あの頃の胸のときめきを

    心当たりがありすぎて吹いたw
    初めてFPSやったときのドキドキと感動はすごいですよね。
    ワクワク気分で初出撃。
    直後に横から撃たれて地に伏した自キャラみてから、
    何が起きたんだと謎で頭の中真っ白でしたから。
    死んではじめてわかる、
    ”すぐ後ろに敵がいてナイフで殺された”
    あの衝撃は今でも忘れられません。

  2. 修正パッチ | URL | -

    Re: あの頃の胸のときめきを

    CoD4をやったときは酔ってましたね、しばらくすると慣れてくるのですが。

  3. Pants | URL | -

    Re: あの頃の胸のときめきを

    >てふさん
    ホント、自分にとってFPSは衝撃でしたわ。
    我々はファミコン世代だから、「ゲームの進化」を感じてビックリすることも多いですしな。
    そうそう、ナイフキルの衝撃と屈辱は異常w


    >修正パッチさん
    FPSには「酔い」がありますから、そこで人を選ぶ感じですよね。
    CoD4はFOVも狭いですし、最初の船のステージでは自分も酔いそうになりましたよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/105-91d80996
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。