スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TimeShift

2009年03月09日 22:17

TS6.jpg

先日、英国通販サイトからわずか3.2ポンド投売りプライスで取り寄せた「TimeShift」
正直まったく期待していなかったゲームですが、いやはや良い方に裏切られました。
普通に面白い作品で、最後まで一気にプレイしてしまいましたよ。


TS1.jpg

時間移動が可能なスーツを使い、悪の科学者Dr.Kroneが過去にタイムスリップ。1939年の地球は支配者となったDr.Kroneのデタラメなトンデモ政策によって超ヤバいことになってしまっている。
プレイヤーは正義心あふれる名もなき科学者となり、Dr.Kroneの後を追ってタイムジャンプするのであった。
現地のレジスタンスと協力し、Dr.Kroneのハレンチな悪の帝国を粉砕せよ!

というのがストーリーですが、まぁ取り立ててドラマチックなお話ではないので、英語字幕が読めなくても全く問題ありません。


TS2.jpg

グラフィックは今現在となってはそこそこのレベルですが、発売当時はかなり高かったのではないでしょうか。
しかしながら、グラフィックエンジンが効率的にチューニングされているのでしょう、動作はかなり軽快です。
マッピング、テクスチャ、オブジェクトの形状。それらにおける「ゲーム世界を美しく表現する」ことについての小技・テクニックがいたるところで効果を発揮しており、作り手のセンスの良さを感じさせます。
特に雨粒の表現は一見の価値アリです。


TS3.jpg

登場する武器は9種類。オーソドックスなものから、近未来全開のトンデモ兵器まで。
うち3種類を持ち歩けます。
多くの武器にセカンダリが用意されているため、戦闘におけるバリエーションも豊富です。

中盤あたりからでしょうか、時限爆弾付きの矢を発射し、刺さった全ての敵を粉砕する「Thunder Bolt」という名のクロスボウが出てくるのですが、これが凶悪過ぎてゲームバランスが崩れてしまっているのが残念。
戦闘を楽しみたい方は、なるべく別の武器を使用すると良いかもしれません。


TS07.jpg

このゲームの最大の売りは「時間操作」
スロー・ストップ・リバースの3種類の時間操作を駆使して戦闘し、パズルを解いてゆきます。
自分で選択もできますが、Fボタンを押せば状況に合った能力が発動し、プレイヤーをサポートしてくれます。
これは便利ですが、パズルで悩むことが皆無になってしまうので少々親切すぎる気も。
しかし、この時間操作はクセになる楽しさ。


TS4.jpg

前半は割りとヌルい感じですが、後半では厳しい戦闘も多く、なかなかの歯応えです。
時間操作してくる敵が複数出現するシーンでは、そこそこ苦戦もするでしょう。
仲間のレジスタンスと共に敵地へと赴くシーンでは、結構な高揚感があって無駄に盛り上がります。
ゴア表現も強く、ラグドールがボンボン吹っ飛ぶので爽快感も中々のもの。


TS5.jpg

大傑作ではないけれど、SFモノのシングルFPSとして高い完成度を誇る作品であり、普通にお勧めできます。
Call of Duty 4やCrysisと同時期にリリースされ、大作の影に隠れてしまった不遇のTimeShift。
現在では安く販売されているところも多いでしょうし、興味のある方は手に取ってみると良いでしょう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ossangamer.blog19.fc2.com/tb.php/102-c92a8888
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。