スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Metro 2033

2010年03月25日 14:22

metro2033.jpg

「荒廃した世界」を舞台にしたゲーム作品がヒットするケースをよく目にする昨今ですが、もはや地上に安寧の地は無く、人類は地下鉄でのモグラ生活を余儀なくされてしまったという、アタマひとつ抜きに出た世界の終わりっぷりを描く「Metro 2033」をプレイしてみました。


2033-1.jpg

開発元の4A Gamesは「S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl」を開発したGSC Gamesの元スタッフが設立したスタジオということで、同じ退廃的な世界観を持つ作品として嫌でも比較されてしまいそうです。
しかし、RPGに重点を置いたS.T.A.L.K.E.R.とは違い、Metro 2033はあくまでも通常のシングルFPS作品として製作されています。ゲームシステム自体に大きな違いがありますので、比べて評価するのはナンセンスでしょう。
そのシネマティックな表現はS.T.A.L.K.E.R.と言うよりも、以前紹介した「Cryostasis」などに近い印象です。


2033-2.jpg

「雰囲気ゲー」を重視して製作されており、プレイヤーが没入感を失わないよう、メイン画面でのインフォメーションは最低限のものを除いて排除されています。
Mボタンで手にすることのできるノートにはミッション内容が記されている他、進むべきルートや達成オブジェクティブを示してくれるコンパスが配置されています。

ガスマスクのフィルターは定期的に交換しなければならないし、フラッシュライトやナイトビジョンの電力が切れた際は自前の発電機での充電が必要。面倒くさい作業のように聞こえるかもしれませんが、これがまた極地でのサバイバルムードを演出することに一役買っており、良いアイデアだなと素直に感心。
物陰に隠れてシコシコ充電していると、親が起きてこないよう祈りながら居間で深夜映画の「エマニュエル夫人」を観賞していた中学生時代を思い出しました。


2033-4.jpg

アイテムの購入や武器のアップグレードには、被災する以前に使用されていた5.45mm弾が必要。つまり、この世界では弾薬が通貨となっています。
弾薬は落ちているものを拾うなり死体から漁るなりしてゲットできますが、高威力かつ通貨にもなる5.45mmは入手できる量も少なく貴重なので、通常の戦闘時には被災後にメトロ内で作られた質の悪い弾薬でやり繰りすることになります。
弾薬の消費を抑えるには、対ミュータント用としてバヨネットを早目に購入するか、ステルスプレイで戦闘を回避することも考えねばならないでしょう。

弾薬の無駄遣いができないこともあり、戦闘はそこそこにシビア。
「制限された状態」を楽しむことのできるプレイヤーでなければ、かなり苦痛に感じる場面もあるかもしれません。
敵AIの出来は正直言って良いとは言えず、せっかくの最高の雰囲気がアホ丸出しなAIの動きで台無しになっている場面に出くわすことも。


2033-3.jpg

クリアまでは8~9時間というところでしょうか。
出会う人々や敵への対応によってカルマが増減し、その結果でエンディングの内容が変化します。それに加え、戦闘重視とステルス重視でプレイスタイルも変わる為、リプレイ性も感じられました。
最低でも2周ぐらいは十分楽しめる懐の深さを持っている印象ですね。
グラフィックも相当美しい作品ですし、Direct11環境になったら是非再びプレイしてみたいと思いました。
スポンサーサイト

Splinter Cell: Chaos Theory COOP

2010年03月20日 11:41

scctcoop-0.jpg

最近、フレンドの方と一緒にSplinter Cell: Chaos TheoryのCOOPをプレイさせてもらっています。
御存知の通りSplinter Cellと言えば、やたらと身体が柔らかい中年オヤジのサム・フィッシャーさんが、暗闇とハイテク武装を利用しながら敵施設に侵入するスニークアクションがメインテーマのシリーズ作品。
その中でも3作目の「Chaos Theory」は歴代最高傑作という声も多く、シングルは非常に完成度が高い内容となっておりますが、2人で協力し合ってミッションを攻略するマルチプレイCOOPもかなりの楽しさです。

COOPで使用されるミッションはシングルの外伝的な内容で、プレイヤーは二人の若手スプリンターセルとなり、本編でのサムの任務をサポートするべく様々な施設に侵入し、情報をかき集めることになります。
シングルプレイの中で、サムが「俺の他にもスプリンターセルがいるのか?」と驚くシーンがありますが、そういったことを思い出しながらプレイすると感慨もひとしおでしょう。


scctcoop-1.jpg

片方が敵をおびき寄せ、もう片方がひっそりと背後から近づき襲いかかる。その後は首に押し当てたコンバットナイフを入刀。二人の初めての共同作業です。
侵入経路も協力しなければ突破出来ないところだらけ。お互い手を取り合い、様々なアクションを駆使して忍び込みます。

些細なミスが相方のピンチを招くことも多々ある為、しっかりと状況を把握しながら的確な行動を取らねばなりません。
気になるあの子の縦笛を目当てに放課後の教室に潜入するのとは訳が違います。用務員のおじさんに説教されるぐらいで済めば良いですが、ここは殺るか殺られるかの世界。お互いをカバーしながら、ひとつずつ障害を取り払ってゆきます。


scctcoop-2.jpg

COOPに「連携」は付き物ですが、Splinter Cell: Chaos Theoryではそれに加えて「意志の疎通とタイミング」が多く要求される為、VCでコミュニケーションと取りながらプレイするのがベストですね。
最近のブームでCOOPが実装された作品は数多くリリースされていますが、スタンドプレイではゲームそのものが成立しない尖った内容は、今となっては実に新鮮に映ります。

惜しまれるのは、日本語版の販売が既に終了していること。中古市場ではプレミアが付いている様です。
ゲーム内容に劣らず日本語ローカライズも優秀な作品なだけに、ぜひ再販してもらいたいですね。

BFBC2 お気に入り装備

2010年03月16日 15:25

夜な夜なハマりまくっているBFBC2。
ある程度アンロックの取得も終わったので、現在使用している装備を晒してみます。


bfbc2assault.jpg
基本は上のグレネードランチャーの携行弾数と威力重視の装備。ASSAULTのメインウエポンは、誰が何と言おうとグレランです。やはり「一撃で敵を倒せる」というメリットは限りなく大きいですし。
たとえ倒せなくても、爆風でダメージを与えていればガバメントで簡単にトドメを刺せます。
M16A2の3点バーストも非常に強力。ヘッドショットを意識して射撃すると、敵がすぐに沈みます。

下の装備は、抵抗が激しくM-COM部屋になかなか入れない時に。
ポンポンとスモークを炊けば、割とあっさり敵をスルーできちゃいます。マップが狭いBFBC2に於いて、「視界を奪う」という効果は想像以上に大きなものです。
ちなみにスモークグレでも直撃させれば敵を倒せます。ヒットすると実に申し訳ない気分になりますが。


bfbc2medic.jpg
現時点でのMEDICのメインウエポンは、威力と扱い易さを考慮するとM60が鉄板でしょう。
細かい指切り射撃で面白いように敵を倒せ、4倍スコープを付ければちょっとしたスナイプっぽい事も可能な変態LMG。
スコープが必要無いマップでは、ドットサイトか回復範囲を広げる「MEDK H+」あたりに変更。
ハンドガンを使用する機会があまり無いので、とりあえず車輌への嫌がらせ目的でTRACER装備。
あと、どうでもいいですけどロシア側のMEDICって顔が怖いですよね。


bfbc2eng.jpg
携行弾数と威力アップしたロケランで全てをブッ飛ばすことしか考えていない脳筋装備。
手動誘導できるM136AT4でも良いのですが、やはりタンク相手に身体を晒すデメリットを考慮すると、TRACERとM2を選択してしまいます。
ちなみに、ヘリには根性で当てます。
いつもASSAULTとMEDICの後ろをヨタヨタ付いて行く感じなので、鉛玉のドンパチのことはあまり考えていませんが、とりあえずの援護射撃用として装填弾数が一番多いPP-2000を装備しています。弾速がめっちゃ速いので、UAVを落とす時にも便利。
開けていないマップでは、ロケランの威力を削ってSAIGAとSG UPGRでも良いかもしれません。


bfbc2rec.jpg
前線手前に到着後、モーションセンサーを投げ込んで敵の位置を確認してから戦闘開始。
SG UPGRにて装填弾数2倍になったSAIGAは近距離戦闘で鬼のような強さを誇るので、強引にM-COMや旗に特攻する際にはもってこいですね。
夜戦マップのNELSON BAY、狭い市街マップのWHITE PASSあたりで、遮蔽物を利用しながら敵の懐に入り込む立ち回りを意識すると最大限に効果を発揮する感じ。
遠い敵にペチペチ嫌がらせをする為に、ロマン武器のリボルバーを装備しています。C4とMORTARは状況に合わせて変更。
ちなみにスナイパーライフルにはまったく興味がありません。突撃大好きなので。

全てに於いて言えることですが、基本的に戦車やヘリには乗らないので、車輌用ガジェットのSPEC3はテキトーです。
乗るのは敵の車輌を奪って全力でトンズラする時だけですから、耐久性重視のV ARMORかなと。


これらの装備については、あくまでも個人的な解釈ですから、ベストな装備は各プレイヤーのスタイルによって変化するでしょう。
とは言え、たまにトッププレイヤーなんかも取れちゃったりするので、そこそこ機能している感じはします。
他の人のオススメ装備もぜひ聞いてみたいですね。

Battlefield: Bad Company 2

2010年03月08日 14:14

bfbc2.jpg

待望のBattlefieldシリーズ最新作「Battlefield: Bad Company 2」がリリースされたということで、時間を忘れてドンパチに明け暮れる毎日を送っております。
ある程度の雰囲気はマルチプレイβにて味わったのですが、バリエーション豊かなマップの中で様々なアイデアを試しながらプレイしていると、実に新鮮な気分になれます。

新しいゲームというものは本当に良いものです。
言うまでもなく、プレイの中で新たな発見に数多く出会うことのできるのは、まだまだ戦略が確立されていないリリース直後の黎明期です。プレイヤーみんなで山ほど失敗を積み重ねながら、「あーでもない、こーでもない」とマップの攻略法を磨いてゆく過程。それは何とも感慨深いものであります。


BFBC2Game-2010-03-07-15-49-.jpg

一番驚いたのは、レベルの上がっていない初期状態では「兵科専門のガジェットを何一つ持っていない」ということです。つまり、突撃兵を選択しても弾薬ボックスを配ることができず、衛生兵を選択してもメディキットやショックパドルで仲間を支援することができません。
マルチプレイスタート直後では、誰でも役立たずの貧弱兵士でしかない訳です。一体なぜこんな仕様にしたのかと、思わず首を傾げてしまいました。

もちろんこんな状態では、たとえクラスを選んでも、そのクラスに見合った働きをすることは不可能です。
これからBFBF2のマルチプレイを始めようという方に憶えていて欲しいのは「サーバーに入ってスポーンしたら、すぐに落ちている武器を拾う」ということ。
どんなクラスの武器でも、とりあえず拾っておけば初期状態よりは遥かに働きやすいはずです。
そんな借り物ライフを続けつつ、まずは各クラスの必須装備を揃えることに専念しましょう。


BFBC2Game 2010-03-07 17-06-18-82

βの頃よりはゲームの動作も幾分軽くなっており、自分のデュアルコアCPUのマシンでも何とかストレスなく遊べております。
E8400 GTX260 Mem4GB 1280×1024でグラフィック設定を最低にし、平均50fpsというところでしょうか。
しかしグラフィック関係は良いとして、環境によってはクライアント落ち、Punkbuster関連の不都合でのキックなどが起こります。
そしてサーバーブラウザの驚異的なレスポンスの悪さ。
まだまだこれらの改善点が目立ちますので、早めのアップデートをお願いしたいところです。


BFBC2Game 2010-03-08 11-55-54-50

ゲームモードはRUSHとCONQUESTが中心となりますが、モードによって立ち回りを変えなければ活躍は難しいでしょう。
個人的な印象としては、現時点ではRUSHの方がゲーム性にフィットしている感じですね。
CONQUESTは分隊システムをキッチリ活用して、攻撃と防衛を把握しているプレイヤーが多くないと、狭いマップ内をドタバタ移動するはめになりがちです。

マップの出来栄えの差や、システム面で煮詰まっていない箇所はあるものの、作品自体はとても良く仕上がっていると思います。今後も人気が続きそうですね。
BFシリーズファンの方、マルチプレイβが楽しめた方は購入しても後悔しないでしょう。

Tropico 3

2010年03月03日 11:01

tropico3 2010-03-02 19-41-09-45

皆さんこんにちは。プレジデンテです。
この度、なにをどう間違ったのか、美しいカリブ海に浮かぶ島トロピコの大統領に就任しちゃった訳なんですけど、やるからには全力投球の独裁っぷりを皆様にお届けできたらと思っております。
とは言え、ワタクシ恥ずかしながら独裁ビギナーということで、正直ドキがムネムネで緊張しております。
至らないところもあるとは思いますが、ご理解とご声援のほど、よろしくお願いいたします。

さて、この何の取り柄もナッシングなトロピコを繁栄させるには、アメリカ・ソビエトという二つの大国からの援助が必要不可欠であることは明らかです。
このプレジデンテ、このロクでもない島に住まう奇特な皆さんの為、資本主義の犬と呼ばれようと、アカの手先のおフェラ豚と罵られようと、開発援助資金をゲットする為に醜く太った白人どもの靴をペロペロすることも辞さない覚悟。
トロピコの未来のことのみを考え、誇りさえも捨ててみせましょう。


tropico3 2010-03-02 21-27-14-71

さぁ、国づくり開始ですよ。
住居や職場、医療施設や教育施設。おっと、インフラ整備も忘れずに。プレジデンテは忙しいです。
この島をどのような国として発展させてゆくのか。その全てがプレジデンテである小生に委ねられています。
あまりの重圧に逃げ出したくなる時もある。オヤジ臭が染み付いた枕を涙で濡らすこともある。でもプレジデンテは逃げませんよ。目の前の問題をコツコツと解決してゆけば、きっと光は見えてくるのだから。

国の財政を何で補うのか、どんな思想の国家にするのか、その方向性を決めるのも重要です。
農業・工業・観光など、島の資源や特産品に適した発展。環境・宗教・軍事など、様々な分野への配慮。そして資本主義と共産主義のバランス。考えることは山ほどあります。
独裁者って大変ですね。美味しいものを食べ漁り、プレイメイトを何人もはべらせて楽しく暮らそうと思っていたのに、そんな暇はまったくありませんよ。なんてこった。


tropico3 2010-03-02 20-40-03-46

いざ独裁にチャレンジしてみて分かったのは、このノーテンキな島国に住まう大衆は例外なく愚民であり、施政者の苦悩も知らずにブーブーとオナラ臭い文句を垂れることしか能がない連中だということです。
アリのウンコのように小さな不満を見つけては「生活を豊かにしろ」だの「娯楽施設を作れ」だのと、選挙権を盾にして抗議活動に勤しむエブリデイエブリナイですよ。もうプレジデンテ泣きそう。なに?オッサンいじめて楽しいの?
思い出してみてください、苦しい時は皆で耐え忍ぶのが日本人の姿じゃないですか。あ、ここカリブでした。

正直、あなた方は求めるばかりの人生で良いのかとプレジデンテは問いたいです。
駅前の一等地にダンボール住居を構える灰色のオジサンたちを見るがいい。住むところなんて、考え方次第でどうにでもなるんですよ。そもそもですね、こんなビンボー臭い島をいきなり豊かにしようなんて、水谷豊の熱い歌唱力をもってしても無理なんです。
娯楽施設なんてのも不要ですよ。娯楽が無ければセックスすればいいじゃないですか。超楽しいし。人口も増えるし一石二鳥。夜遊びなんかしないで、オカーチャンのオッパイを揉んだりこねたりしてりゃいいんです。夜のデートは危険過ぎるって吉川晃司も言ってましたし。
産めよ増やせよの富国強兵政策。このプレジデンテが導き出した崇高なる繁栄へのシナリオを理解していない輩が多すぎます。まったく困ったものですね。

そんな訳で、島民を生かさず殺さずで搾取しまくっておりましたところ、こともあろうにクーデターが勃発。
我が恐怖政治の象徴たる宮殿は、無残にも灰燼の元に帰したのでありました。
プレジデンテの次の挑戦にご期待下さい。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。