スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dead Space その3

2009年06月25日 21:00

DeadSpace14.jpg

Dead Spaceのグラフィックに関してですが、ミドルスペック程度のPCでも最高設定で軽快に動作するのは良いものの、テクスチャは割とショボい感じです。狭い通路の移動や閉所の戦闘が続くため、そこが特に目立っているのが残念。
まぁこの点は現在のゲーム開発における諸事情の上ではどうしようもない問題で、もはやマルチプラットフォーム作品のPC版に高解像度テクスチャを期待する方が間違いなのでしょう。


DeadSpace93.jpg

この作品中で最も素晴らしい点は、間違いなく「インターフェース」です。
ステータスゲージはIsaacの背中に埋め込まれ、残弾数は各銃器のカウンターで表示。ミニマップの代わりとなるのは、進行方向をラインで示す独自のナビゲーションシステム。イベントリ画面はゲームを中断させることなくホログラムで浮かび上がります。
これらの洗練された情報通達手段を採用することによって、プレイヤーが白けることなくゲーム世界を堪能できるようになっています。
実際その没入感はかなりのもので、「HUD情報が無いだけでアクションゲームはこれだけシネマティックになるのか」と非常に感動させられました。


DeadSpace82.jpg
DeadSpace250.jpg
DeadSpace76.jpg

ショップでは様々なアイテムの売買が可能な他、Issacのスーツをカッチョ良くレベルアップすることができます。
また、改造ベンチでは「ノード」と呼ばれるアイテムを消費し、Issacの能力や武器を強化することが可能。この強化システムがなかなか奥が深い。
ノードはアイテムボックスで拾ったり、倒した敵から入手することができますが、それだけでは十分なレベルアップができません。使わないアイテムや過剰な弾薬はショップで積極的に売り払って、得たお金でノードを購入してゆくと良いでしょう。
初期武器のPlasma Cutterはバリバリ強化すると凶悪な性能になるので、序盤~中盤までに入手できるノードはコレにつぎ込むのがオススメです。


DeadSpace29.jpg

英語字幕が表示可能ですが、そこそこテキスト量が多く、SF用語や専門的な単語も登場しますので、ストーリーを十分に把握したい方は国内Wikiを参照すると良いでしょう。ほぼ全ての会話・ログの日本語訳が掲載されています。
プリントアウトした紙を手元に置いてプレイすれば、作品をじっくり楽しめると思います。

Dead Space 国内Wiki
http://www1.atwiki.jp/deadspace/


DeadSpace950.jpg

生理的・精神的にダメージを受けるジャパニーズホラーの手法ではなく、古典的な「ビックリ系パニックホラー」が基調となっている作品ですが、恐怖感をこれでもかと喚起するハイクオリティな不気味サウンド、洗練されたビジュアルとクリーチャーデザイン、細部まで練りこまれたゲームシステムによって、プレイヤーを否が応でもゲーム世界に引きずり込む魔力を持っています。
SFサバイバルをモチーフにしたアクションゲームで、このDead Spaceよりも完成度の高い作品は、ちょっと探すことが難しいでしょう。
お医者さんにホラーゲームを止められている方ならともかく、海外ゲームファンならば絶対にプレイしていて損の無い一本です。
スポンサーサイト

Dead Space その2

2009年06月24日 20:36

DeadSpace10.jpg

さて、本日も勇気を出してDead Spaceを進めます。
緊張しながらゲームを起動するのなんて、本当に久々です。
ホラー耐性がない方はオモラシ確定であり、まさに2008年を代表するオムツ必須ゲーとも言えるこの作品。
しかし、いかにホラーゲームと言えど、大の男が恐怖で下着を濡らす訳にはいきませんから、キッチリと尿道とフンドシを引き締めて取り掛からねばなりません。


DeadSpace89.jpg

音信不通になった資源発掘宇宙船「USG Ishimura」へと調査にやってきた主人公Isaac Clarkeをはじめとする数名の技術スタッフと、船内に跋扈するエイリアンの皆さんとの過剰なスキンシップを描いたDead Space。
ゲームシステムに一番影響を与えていると思われるのは「バイオハザード4」ですが、その孤独感、ゴア表現、視界外からの急襲の多さなど、ベースとなったそれに比べてかなりハードコアな内容になっています。


DeadSpace43.jpg

肝心の戦闘では、「敵の四肢を切断する」ことが基本になり、FPSやTPSでありがちなヘッドショットはあまり効果がありません。って言うかドタマが吹き飛んでも襲ってきますマジかんべんして下さい。
慌てず的確に迫り来るクリーチャーの手足を狙い、遠慮なくブッタ斬ってダルマにし、息の根を止めたら憂さ晴らしにケンカキックで粉々にしてあげましょう。
こうして文字に書き起こすと、本当に残虐極まりないゲームですね。PTA委員の有閑マダムあたりが目にしたら間違いなく卒倒もんです。


DeadSpace010.jpg

この作品はゲームパッドでの操作に最適化されているようで、マウスおよびキーボードでのプレイは少々ストレスを感じます。
コンシューマゲームに慣れている方ならば、ゲームパッドを使用する方がスムーズでしょう。
「マウスとキーボード以外でゲームをすると死んでしまう」という奇病を患う皆さんの為の設定ですが、それには少々コツがあります。

・ゲーム内のオプションでV-SynkをOFFにする
・NVIDIAコントロールパネルを開く→3D設定の管理→プログラム設定→Dead Space(dead space.exe)を選択→垂直同期を強制オン
・MOUSE SENSITIVITYを調整


GeForce系グラフィックボードを使用されていることが前提ですが、上記の設定で割とスムーズにプレイできるようになるでしょう。

Dead Space その1

2009年06月24日 11:35

ds-00.jpg

ホラーゲームが嫌いでした。

思い起こせば学生時代、「バイオハザード」のゾンビ初登場シーンで悲鳴を上げ、ガタガタ震えながらリセットボタンを連打し、タイトル画面を見るのも嫌でプレステの電源を乱暴に切ったところ、当時プレイしていた「アイドル雀士スーチーパイ」のセーブデータがキレイさっぱり消失するという悲惨な目に遭いまして、それからというものホラーゲームがトラウマとなり、恐怖演出を売りにした作品にはまったく手を出さずに生きてきました。

そして8年後、そんなヘタレ男は「Half-Life 2」に出会い、その素晴らしいグラフィックに魅了され、海外ゲームにのめり込んでゆくことになります。
しかし、ホラーステージであるレーベンホルムでは、あまりの怖ろしさに1日15分のプレイが限界でした。

それから数年間、涙目になったり、驚愕のあまりイスから転げ落ちたりしながら「DOOM3」や「F.E.A.R」などの作品をプレイした結果、今ではずいぶんホラーに対する耐性も付き、ヘラヘラと笑いながらゾンビやクリーチャーを蜂の巣にできるようになりました。
我ながら素晴らしい進歩と言えます。

そして、「ホラーゲーなど怖れるに足らず」と慢心いっぱいに購入した「Dead Space」

なんですかこれは! めちゃめちゃ怖いじゃないですか! 殺す気か!

忘れかけていたホラーゲームへの苦手意識が蘇るこの感覚。
いかにもアブナイ人にように「そ、そこにいるのは分かってるんだぞ!」などと呟きながら、おっかなびっくりヨチヨチ歩きでプレイしています。


DeadSpace01.jpg
DeadSpace02.jpg
DeadSpace03.jpg
DeadSpace04.jpg

Prototype

2009年06月16日 15:18

prototype.jpg

チカラ。
人知を超えたパワー。
煌く様な姿にその身を変化させ、この世の何よりも速く駆け、天高く飛翔し、大好きなあの娘の前で悪者をカッチョ良く成敗する。
マンガやアニメの主人公を夢見た少年時代、男の子なら一度は頭に思い浮かべることです。
フトンの上で「かめはめ波」の鍛錬に励んだり、蛍光灯のヒモを相手にシャドーボクシングした方も多いでしょう。
しかし、やがて彼らはヒトの限界と現実を知り、夢見ることを卒業してオトナになってゆきます。

そんな少年時代の想像や妄想をこれでもかと詰め込み、プレイヤーに「超人」を体験させてくれるゲーム。
それがこの「Prototype」という作品です。


942350_20080424_screen006.jpg

記憶を失った代わりに、愉快に変形するトンデモボディをゲットしていた不憫な青年Alex Mercer。
彼は自分をオモチャにして弄んだハレンチなマッド野郎に復讐し、元の身体を取り戻すため、妹のDanaと元カノのKarenの協力の下、謎を解き明かしてゆきます。
人間を異形の者に変える凶悪なウイルスBlacklight。謎の特殊部隊The Blackwatch。そして母なる存在Elizabeth Greene。
爆発的な速度でニューヨーク市民を侵食してゆくウイルス。跋扈するクリーチャー。
真相にたどり着いたAlexが見たものは・・・?


prototypef 2009-06-15 11-26-03-65

ビルからビルへと飛び回り、渋滞する車の上を駆け抜け、道行く人を蹴散らし、戦車やヘリをハイジャックし、多種多様に身体を変化させる能力で敵を薙ぎ倒す。
「Grand Theft Auto」「Devil May Cry」「Dead Rising」「Asassin's Creed」「無双シリーズ」「Marvel Super Heroes」あたりをごちゃまぜにした超ド派手奇想天外アクションTPS、という感じでしょうか。
しかし、単なる「寄せ集め」ではなく、個性的なゲームとして上手く昇華させている印象です。


prototypef 2009-06-15 16-30-37-10

「大暴れ」という感想がよく似合う作品ですが、バリエーション豊かなミッションで単調なゲーム性にならないように配慮されており、少なからず戦略性も存在しています。
難易度の高いミッションでは、コツを掴むまで結構苦戦することもあるでしょう。
ボタンの同時押し、タイミングに合わせたコマンド入力、敵に対する的確なロックオン等が必要な機会が多いため、キーボードとマウスに違和感がある方はXBOX360コントローラーなどのゲームパッドを使うと快適に操作できるでしょう。


prototypef 2009-06-14 10-46-47-51

グラフィックについては際立って美麗という訳ではなく、多少の「のっぺり感」はありますが、センスの良いエフェクトとテクスチャで上品に表現されています。
ゲームの重さとしては、当方のPCスペック(右欄参照)でプレイした場合、「解像度1024×1280」「設定ALL HIGH AA×2」で30~50fps程度。
最新のゲームで、大量のNPCと敵が出現することを考えると、そこそこ軽快に仕上がっているのではないでしょうか。


prototypef 2009-06-14 20-09-46-09

敵を倒したりイベントをクリアしたりすることで経験値が溜まり、ミッションスタート前にAlexの変態っぷりを強化・追加することができます。
とにかく過激なバトルを楽しみたい方は戦闘スキルをアップグレード、華麗なアクションを楽しみたい方は移動スキルをアップグレード、というようにお好みで成長させることが可能。
技の種類はかなり豊富で、プレイを飽きさせないのが素晴らしい。
Hunterなどの中ボス的な敵が複数出現するステージでは、これらの技を効果的に使ってゆくとかなり楽になるため、自分だけの攻略法や対処法を編み出すのも楽しみのひとつです。


prototypef 2009

体内に吸収した人間に化けることができる「Disguise」は地味に重要で、目標地点までの安全な移動、有利な位置取り、ピンチに陥った際の戦線離脱などに大活躍。
敵の攻撃が厳しく死にやすいステージでは、Disguiseを使って違う方向性で攻めるとあっさりクリアできてしまったり。
懐の広さと自由度の高さはなかなかのものです。


prototypef 2009-06-16 20-57-27-34

とにかく操作していて気持ち良く、素晴らしい爽快感に満ち満ちております。
クリアまでのプレイ時間は10時間程度ですが、高得点クリアが目標の各種サブミッションというやり込み要素もあり、おなかいっぱい楽しめる作品です。
アタマに描いた都合の良い世界の中、この世を敵にして戦う孤独なヒーローの自分を夢想した事のある方にとって、この「Prototype」はマストバイな存在でしょう。


注意点ですが、明らかな調整ミスとして、「ゲーム内の音量が異常に低い」という症状が確認されています。
OS側の音量を上げて対処しなければならないのですが、早めにパッチで改善してもらいたいところです。

Half-Life 2 MOD: Curse Episode 1

2009年06月12日 13:18

lev030010.jpg

Half-Life 2のMOD『Curse』がリリースされましたのでプレイしてみました。
エジプトのネクロポリスを舞台に、ミイラ男をタコ殴りにしたり、パズルを解いたりしながらステージをクリアしてゆきます。

プレイに必要なのはHalf-Life 2とSource SDK Baseでオーケー。
Ep1やEp2は必要ありません。

ダウンロードはこちらから。
http://www.moddb.com/mods/curse1/news/curse-episodes-is-released


lev020001.jpg

通常時の主人公はテレキネシスの能力があり、オブジェクトをブッ飛ばしたり破壊したりすることが可能。
右クリックで戦闘体勢へと切り替わると、目の前にモーニングスターが出現しますので、これを使用して敵の脳天をカチ割ります。
モーニングスターは左クリックを押しても特に攻撃したりしませんから、とりあえずロックオンされている敵に特攻してマウスの視点操作で小刻みに振ってぶつける、という感覚です。
間合いがよく分からない上、ロックオンした相手が変わるたびに視界も強制的にビュンビュン変わるので、戦闘に関しては何とも微妙な感じ。
なぜ故にこんなシステムにしたのか、理解に苦しむところです。


lev020008.jpg

壁に彫られた溝に沿ってボールを移動させるパズルに数回チャレンジさせられます。
数秒間のリミット内ですばやくクリアしなければならず、失敗するとビンタが飛んできます。

その他の謎解きとしては、チェックポイントマーカーやボタンを探してルートを広げてゆく単純なもの。特に悩むこともないと思われます。


lev030013.jpg

クリアまでのプレイ時間は1時間弱といったところ。
「Episode 1」というタイトルの通り、次回作も製作される予定のようです。
謎解きや戦闘は少々退屈な印象ですが、グラフィックはかなり気合の入っているMODですので、特にやる事がない時にでもプレイしてみると良いでしょう。

Assassin's Creed

2009年06月05日 23:54

AssassinsCreed0.jpg

Steamにて「Assassin's Creed」が安売りされていましたので、一応話題になった作品ですし、ちょっと遊んでみるかと購入してみました。

聖地を巡る宗教対立が現在もなお続いておることは皆さんもご存知でしょうが、このAssassin's Creedの舞台となるのは、クルセイダー擁するキリスト教国家連合とイスラム帝国が、エルサレムを巡って血で血を洗う争いを繰り広げていた800年前の大シリア。
そしてその二つの勢力に敵対し、要人暗殺を行う組織「アサシン教団」のエリートアサシン「アルタイル」が主人公となります。
テンプル騎士団の「秘宝」の秘密とは。
そして「アサシン」の存在意義とは。
ターゲットの皆さんを背中からプスプスと暗殺しつつ、隠された真実へ向かってアルタイルの冒険は続くのであります。


AssassinsCreed01.jpg

PC版はもちろんイングリッシュバージョンなのですが、会話量がそこそこ多い上に字幕が出ないので、英語がかなり堪能な方でないと非常に厳しいと言うか、恐らくゲームをまったく楽しめないでしょう。

その救済策としてですが、少数のPC版独自ミッションを除いた全ての和訳が掲載されているXBOX360版攻略本「アサシンクリード パーフェクトガイド」を購入することをオススメいたします。
時代背景なども丁寧に説明されているので、ゲーム内の世界観を深く知ることができるでしょう。


AssassinsCreed28.jpg

移動における自由度とルート豊富さは、他のアクションTPSと比べてアタマひとつふたつ抜き出てるという感じ。縦横無尽に作りこまれたマップ内を駆け回れます。
キーボード・マウスでの操作は少々クセがありますが、違和感のある方はゲームパッドを使うと良いでしょう。

「アサシン教団のお偉いさんから指令を受ける」→「ターゲットがいる街の教団支部で詳細を聞く」→「スリ・盗聴・恐喝・タレコミでターゲットに関する情報を得る」→「情報を元にターゲットを暗殺」→「トンズラ」
基本的に上記の流れでミッション完了となります。


AssassinsCreed17.jpg

スニーキングでターゲットを殺害してニヤニヤすることがゲーム性に則った基本プレイですが、脳筋バカを自負するアグレッシヴな方は殺陣的なチャンバラで大立ち回りを繰り広げても構いません。
ミッションをクリアしてゆくごとに使用できる武器や技が増えてゆくので、最初は単調な戦闘も段々とバリエーションが増えて楽しくなってゆきます。
コンボやカウンターが決まった際のモーションが非常にカッチョ良く、華麗な技を繰り出してゾブゾブと剣が敵にめり込む度に蟲惑的な爽快感を味わえるでしょう。


AssassinsCreed48.jpg

細部まで作りこまれた作品なのですが、暗殺ばかりのミッションでプレイが単調になってしまっているのが残念ですね。
少し趣向の違うミッションなどがあると良かったかな、という印象。
予期せぬ強制イベントなどをからめて、「アタイ、これからどうなっちゃうの・・・?」みたいな悪いチンピラに引っかかった田舎娘のような気分を味あわせてくれたら、もっと楽しめたのではないかな、と思います。
リリースが決定している続編「Assassin's Creed 2」では、そのあたりの要素を追加してくれると嬉しいかも。

とは言え、非常に完成度が高い作品には違いありませんから、一風変わったスニーキング物をプレイしたい方やアクションTPSのファンの方、12世紀の中東を観光気分で旅したい方にはオススメです。

Left 4 Dead 2 発表

2009年06月02日 15:31

数日前から実しやかに情報が流れておりましたが、Valveの対ゾンビCOOPゲームの大ヒット作「Left 4 Dead」の続編「Left 4 Dead 2」が発表されました。
L4Dのリリースからまだ1年ですから、プレイしている皆さんにしてみればと「えっ? もう2作目出しちゃうの?」という感じでしょうね。



実際のプレイ動画などはこちらからどうぞ。


サバイバル側は新規の4人。
ハンター・スモーカー・ブーマーなどのお馴染みの敵の他、新しい特殊感染者も登場。
フライパン・消化斧・チェーンソーなどの近接武器の追加。
SPAS・MAC10などの新しい銃器。
天候・地形・ルートさえも変化させる新しいAIディレクター。
ゲームモードはキャンペーン・対戦・サバイバルの3種ということで、ここは前作と一緒。


L4Dの予想以上のヒット、そして昨今のCOOP人気に便乗した感が否めませんが、プレイヤーと作品の寿命が残っているうちに前作では実装しきれなかった機能を搭載した続編を出したかった、ということでしょうね。

そのカギとなるのが新しいAIディレクターだと思われます。
前作L4Dは、COOPに特化した作品としては非常に高品質に仕上がっていました。しかし、やはり「リプレイ性」のみを考えると、いくら新しいキャンペーンやモードをアップデートで追加しても、「敵のスポーンを調節するだけ」のAIディレクターでは役不足だと開発側でも感じていたのでしょう。
そこで、ゲームの寿命がまだ残っているとは知りつつも、ひとつのマップをプレイする度に変化させる新しいAIディレクターを搭載した続編の開発に踏み切った、というところではないでしょうか。

様々な反省を踏まえた改良はもちろん、新しいマップや新要素のアップデートリリースを容易に行えるような構造・システムに仕上げてくるでしょうから、この続編が「Left 4 Dead」というゲームの完成形になるのではないでしょうか。
リリース後は本腰を入れて頻繁にアップデートしてくるでしょうし、前作では遅かったSDKのサポートも早々に対応させるのは確実ですね。っていうか、そうでなくては困ります。

もちろん購入しますけど、ユーザーとしては、続編ではなく拡張版として安価でリリースしてもらった方が嬉しかった、というのが本音ですけどね。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。